ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

~サブスク全盛期ならではの快適な鑑賞方法を配信中~ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/スターウォーズシリーズ ・クローンウォーズ・反乱者たち・マンダロリアン/MCU・X−MEN・DCEU/ホラー/日本映画・韓国映画・中国映画/and more!

映画【X-MEN】シリーズ「見る 順番 & 時系列」がすぐにわかる!まとめ


映画【ニュー・ミュータンツ】公開前!X-MENまとめ

「ニュー・ミュータンツ」、X-MENシリーズを観たいけど、どこから手をつけていいのかわからない、敷居が高そう、でも気になる!って思っていませんか?そんな人は必見!「ニュー・ミュータンツ」が8/28全米公開に控えた今こそ、大人気のX-MENシリーズの総括が必要。X-MENシリーズは超面白いので、知らないままで「ニュー・ミュータンツ」を観るのはもったいない!【永久保存版】

 

目次

【ニュー・ミュータンツ】が2020年8月28日全米公開予定

※画像の引用元:IMDb公式サイトより(以下同様)

 

X-MENシリーズは2019年に幕を閉じ、「ニュー・ミュータンツ」が、2020年8月28日、全米公開予定。

 

ニュー・ミュータンツを楽しむためにも、今のうちから、X-MENシリーズをおさえておく必要がある。

 

・ニュー・ミュータンツ(2020年)

 

監督 ジョシュ・ブーン

脚本 ジョシュ・ブーン

出演 アニャ・テイラー=ジョイ

   メイジー・ウィリアムズ

   チャーリー・ヒートン

時間 94分

 

見所

X-MEN映画のスピンオフとして製作された作品。

 

若きミュータントたちが悪霊と戦うホラー映画×青春ヒーロー映画。

 

X-MEN】シリーズの基本

 

まずは2000年〜2006年、初期の3本(以降は旧3部作)。

 

そこから、時系列が変化。

 

リブート&スピン・オフが繰り返される2009年〜2019年。

 

これらが重なり合っていて、全部で12作。

 

X-MENシリーズのリブートとしては登場人物たちが若返り、プリクエル(前日譚)からはじまる4本。

 

これが2011年以降、ファースト・ジェネレーションからの流れ。

 

また、2009年以降、X-MENシリーズの主人公であるウルヴァリンに代表される

スプン・オフが5本。

 

ウルヴァリン3本、デッドプール2本。

 

これらが複雑そうな、順番・時系列になっているので、わかりづらくなる原因だと言える。

 

X-MEN】シリーズをわかりやすく総括・解説!

 

それでは、X-MENシリーズを公開順にみていきましょう。

 

おすすめの順番は、さいごにくわしく。

 

※リンクの引用元:MIHOシネマ公式サイトより

映画ライフを爆上げするMIHOシネマの便利な使い方は↓

narcos.hatenablog.com

 

X-MEN(2000年)

 

監督 ブライアン・シンガー

脚本 デヴィッド・ヘイター

出演 ヒュー・ジャックマン

   パトリック・スチュワート

時間 104分

 

見所

映画版X-MEN創世記である2000年、試行錯誤して撮られた記念すべき1作目。
 
主要キャラクターや世界観の説明に翻弄され、顔見せ程度に終始せざるを得ない手探り状態の中、X-MENシリーズとしての舵を切った。
 
そのため、現在のようなアメコミ映画全盛期に観ると、アメコミ的ケレン味のある画作りや、脚本的にも無難な話運びにやや退屈してしまうが、よく考えたらMCUに先駆けてユニバースを始めた初代X-MENの偉大さにはリスペクトを惜しまない。
 

X-MEN2(2003年)

 

監督 ブライアン・シンガー

脚本 マイケル・ドハティ

     ダニエル・P・ハリス

         ブライアン・シンガー

出演 ヒュー・ジャックマン

   パトリック・スチュワート

時間 135分

 

見所

後のシリーズでも使用される事になる、テーマ曲となる音楽がオープニングやエンディングに使われている。
 
複数エピソードが同時進行しながら、マグニートーの華麗なる脱出劇を機に、敵役が味方になり、共通の敵に向かう萌えストーリー展開。
 
随所に加わったミュータントバトル路線が冴え渡る。
 
前作からは、打って変わって、大盛り上がり必須の本気仕様の続編は、旧3部作の中で最高傑作。
 

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年)

 

監督 ブレット・ラトナー

脚本 ザック・ペン

   サイモン・キンバーグ

出演 ヒュー・ジャックマン

   パトリック・スチュワート

時間 105分

 

見所

振り返って観ると、旧3部作に通じる裏テーマはジーン・グレイで、X-MENの1・2作目と共に普段は眠っている超絶パワーが垣間見られ、要所要所で重要な役割を果たしている。
 
そのフェニックスパワーが完全開放された本作では、もはや手がつけられない状態になっており、X-MENシリーズ最強キャラクターに格付される。
 
これをブライアン・シンガーに撮ってもらって、3部作を締めくくって欲しかったのだが、降板してしまったのは本当に悔やまれる。
 
3作目にありがちな締まりの悪さを露呈してしまっているし、罪深い作品なんだけど、なんだかんだ言っても、憎めず嫌いにはなれずに旧3部作続けて観てしまう。
 

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年)

 

監督 ギャヴィン・フッド

脚本 デイヴィッド・ベニオフ

   スキップ・ウッズ

出演 ヒュー・ジャックマン

時間 108分

 

見所

ウルヴァリン初のスピンオフ。

 

ウルヴァリンが戦い抜いてきた長い歴史を楽しみにしていたのに、掘り下げが足りない。

 

さらにデッドプールの贅沢な無駄使いが際立つ。

 

X-MENシリーズを振り返ってみるとフューチャー&パストの歴史改変は、本当にシリーズとしても功績が大きい。

 

そのフューチャー&パストにしても、1番の功労者もウルヴァリンだったりするので、ウルヴァリン フューチャー&パストにしてもいいくらい。


あと、デッドプールは何かとウルヴァリンに、ライバル心を燃やしているが、ウルヴァリンが頑張らなければ、日の当たる場所に出れずにいた可能性が高い。

 

映画内ではもっと長らく、この作品のままのデッドプールで終わってた可能性もあるのだから、もっとウルヴァリンに感謝すべし!!

 

X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011年)

 

監督 マシュー・ヴォーン

脚本 ザック・ステンツ

   アシュリー・ミラー

   ジェーン・ゴールドマン

   マシュー・ヴォーン

出演 ジェームズ・マカヴォイ

   マイケル・ファスベンダー

   ケヴィン・ベーコン

時間 131分

 

見所

個人的には旧3部作も大好きだが、仕切り直しにより、新たな観客層を集めるのに成功した、マシュー・ボーンの偉業であるリブート版1作目。

 

何と言っても、キャスティングが絶妙で、ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダーケヴィン・ベーコンの3トップが最高!

 

特に、若マグニートを演じる、マイケル・ファスベンダーはハマり役!

 

ナチス残党狩りは秀悦で、ナチスにより腕に掘られた囚人番号のタトゥーすら神々しく思える。

 

また、ジェニファー・ローレンスニコラス・ホルト等キャラクターの若返りに成功し、この面子で60年代のボンド映画のように上品に観せてくれるから面白い!!

 

ここからX-MENを観ても、十分通じるシリーズ屈指の完成度高さの誇る。

 

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年)

 

監督 ジェームズ・マンゴールド

脚本 マーク・ボンバック

   スコット・フランク

出演 ヒュー・ジャックマン

時間 126分

 

見所

評価が低い、いわゆるシリーズの中でも、駄作とされている本作だが、結構面白かった。

 

ただし、シリアス、ダーク、重苦しい。

 

その雰囲気は高い作品なので、 見づらいは確か。

 

その反面、日本が舞台なので、変な描写が気になったり、突っ込みどころもあるので、バランスが悪い。

 

しかし、デッドプールのように、売れても天狗にならず、調子にも乗らず、おごらず、チョイ役でも出演を忘れない。

 

ほとんどのX-MENシリーズに、ヒュー・ジャックマンウルヴァリンが、ずっと1人の役者として出演し続けてくれた。

 

その精神そのものがSAMURAIなのだ!!

 

このタイトルはシリーズを通して、ウルヴァリンを表現しているため、本作は話のつながりというより、存在そのものとして確実に必要な作品。

 

 X-MEN: フューチャー&パスト(2014年)

 

監督 ブライアン・シンガー

脚本 サイモン・キンバーグ

出演 ヒュー・ジャックマン

   ジェームズ・マカヴォイ

   マイケル・ファスベンダー

時間 131分

 

見所

X-MEN特有の前作や旧作のつながりを重視せず、新たな一歩を踏み出すというのが、 シリーズ最大限顕著に現れている。

 

タイムスリップを駆使した歴史改変により、 旧3部作と話がつながらず、そんなの関係ねぇ!!

 

状態で突っ走る清々しさには、 敬服するばかり。

 

特に、ラストに訪れるカタルシスは、 前作ファースト・ジェネレーション以上!!

 

これは一途に旧3部作に関わっていたのに、 急遽降板してしまったブライアン・シンガーならではの、10年越しの離れ業。

 

旧3部作とリブート版X-MENのキャストの見事な融合が、 シリーズ最高傑作として成り立たせている。

 

X-MENを楽しめるか否かは、この作品に左右される大きな分岐点。

 

キャラクターにローグが復活するなど、 旧シリーズの豪華顔触れが並ぶのは嬉

しい。

 

また、クイック・シルバーが初登場して楽しさ倍増!

 

ウルヴァリンが新旧キャラの間を、立回るロジックも見事だし、 敵役にはピーター・ディンクレイジ

 

隙のない配置。

 

X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014年)

 

監督 ブライアン・シンガー

脚本 サイモン・キンバーグ

出演 ヒュー・ジャックマン

   ジェームズ・マカヴォイ

   マイケル・ファスベンダー

時間 149分

 

見所

劇場公開版に、ローグのシーンを、追加編集した新たな本編。

 

ローグは旧3部作から出演し続ける、貢献度の高いのキャラなのに、劇場公開版からはカットされている。
 
そんなローグ救出のための仕様が、「ローグ・エディション」だ。
 
追加シーン17分により、2時間28分とい
う作品本来の姿、重厚さを取り戻してい
るので、こちらでも鑑賞をおすすめしたい。
 
80分以上収録の特典豊富も楽しめる、ローグ・エディションと劇場公開版を収録。
 
2枚組ブルーレイはマニア仕様の必携版。
 

X-MEN: アポカリプス(2016年)

 

監督 ブライアン・シンガー

脚本 サイモン・キンバーグ

出演 ジェームズ・マカヴォイ

   マイケル・ファスベンダー

   ジェニファー・ローレンス

時間 144分

 

見所

オスカー・アイザック扮する、 X-MEN

最強の敵、神であるアポカリプスが現れる。

 

リブート版3部作として観ると、 3部作目に相応しい、キャラクターが勢ぞろい。

 

ついにジーン・グレイも登場。

 

そんな中でも、各キャラクターの見せ場がしっかりと 用意されている。

 

正直、フューチャー&パストでシリーズが終わってもよかったと思える満足感を味わえていた。

 

それなのに、旧3部作とZEROとのつながりや、ブライアン・シンガーが続編を 作ってくれた事に感謝のX-MEN集大成!

 

でもやっぱり、プロフェッサーXをハゲさせすには終われなかった というのも大きい気がするが・・・。

 

LOGAN/ローガン(2017年)

 

監督 ジェームズ・マンゴールド

脚本 マイケル・グリーン

   スコット・フランク

   ジェームズ・マンゴールド

出演 ヒュー・ジャックマン

   パトリック・スチュワート

   ボイド・ホルブルック

   スティーヴン・マーチャント

   リチャード・E・グラント

   ダフネ・キーン

時間 137分

 

見所

超絶名作ながら、この作品には大きな欠点がある。

 

悲し過ぎて再鑑賞に踏み切れないという大きな問題。

 

X-MENシリーズが、好きであればあるほど、その壁が大きく立ちはだかる。

 

身体の一部がサイボーグ化してる存在感のある狂気のヴィラン、 ドナルド・ピアースを演じるボイド・ホルブルック

 

自身のフィルムグラフィーを代表するハマり役となっている。

 

デッドプール(2016年)

 

監督 ティム・ミラー

脚本 レット・リース

   ポール・ワーニック

出演 ライアン・レイノルズ

   モリーナ・バッカリン

   エド・スクライン

   T・J・ミラー

   ジーナ・カラーノ

時間 108分

 

見所

紆余曲折した、遅咲きの変幻自在のトリックスターライアン・レイノルズ

 

その生き方を、反映させたかのような、デッドプールとの完全一致!

 

これまでもその時代を反映させたアイコンが誕生してきたように、新時代の最新版を示したヒーロー誕生秘話は、めちゃくちゃ面白い!


異彩のダークヒーローらしく、X-MENシリーズ初のR指定作品は、キャラクターの背負ってしまった苦しみや痛みを感じさせないために、Fワード連発でべしゃりまくる。

 

第4の壁を破る皮肉を利かせた、メタギャグがキマり、エロ・グロ描写多めだけど、重さを感じさせない。

 

ブラックコメディーのセンスがよく、スピーディーなテンポのよさもありつつ、チャラいけど軽くもなり過ぎず、やり過ぎないように調整された万人向け仕様は天晴れだ。

 

デッドプール2(2018年)

 

監督 デヴィッド・リーチ

脚本 レット・リース

   ポール・ワーニック

   ライアン・レイノルズ

出演 ライアン・レイノルズ

   ジョシュ・ブローリン

   モリーナ・バッカリン

時間 120分

 

見所

前作から、映画のメタギャグやパロディが強化され、Xフォースの面々の悪ふざけも度を超え、悪役までもがとっ散らかって、今回はバランスの悪さを露呈。

 

初見時はそのように感じられたが、よくよく考えると、これこそがデッドプールのいびつさを、表現しているように解釈出来る。


そもそも、デッドプールが普通のヒーローという存在に、疑問のある歪んだキャラクターであるし、他にもややこしいキャラクターだらけが登場する本シリーズ。

 

だから、今作のようにキャラクターの深掘りに沿って注視して観れば、この映画が示す新時代のヒーロー論。

 

その提示が観えてくる、意外と深い続編。

 

X-MEN: ダーク・フェニックス(2019年)

 

監督 サイモン・キンバーグ

脚本 サイモン・キンバーグ

出演 ジェームズ・マカヴォイ

   マイケル・ファスベンダー

   ジェニファー・ローレンス

時間 114分

 

見所

旧3部作同様、ダークフェニックス編で、20世紀フォックスとしてのX-MENシリーズが幕を閉じる。

 

それなのに、またしても、ブライアン・シンガーではない。

 

やはりダークフェニックスの話は、どうしても撮りたくなかったという事なのだろうか、、、。

 

とは言え、旧3部作から見比べると、完全にマイノリティーで日陰者だったX-MEN達もずいぶんと表に出て、堂々と生きられるようになったんだなぁと感心する。

 

日の当たる場所で生活できてよかったねと、ミュータントたちに対して老婆心のような気持ちもありつつ、心地よく鑑賞。

 

これもフューチャー&パストの歴史改変の功績により、人類と手を取り合って、

共存状態が機能している偉業を達成しているから成り立っている。

 

そのため、その後の話は、ブライアン・シンガーでなくてもいいというのは、わからないでもない。

 

そんな最終章だが、個人的にはもやもやして終わったという感じ。

 

X-MEN】シリーズ総括・感想・考察

 

ダークフェニックまで観て、気になる問題点

 

シリーズを通して苦労して作り上げた人類との平和協定状態だったのに、本作ではどうしてもそれを軽んじて、扱っているように思えてしまう

 

ジーン一人の暴走により、人類との関係は急変してしまうし、ジーンの覚醒秘話も旧3部作で触れられていたように、じっくりと明かされると、楽しみにしていたら、結構あっさり。

 

これまで積み上げてきたものは、何だったんだのかと、置いてけぼり感による味気なさ。

 

MCUに比べると愛が足りない。

 

ダークフェニックのいい所

 

バトルシーン、特にフェニックスが完全開放なるラストは、ファイナル・ディシジョンより、数段上にレベルアップし、

異次元の強さがより堪能出来てブチ上がる。

 

X-MENシリーズ・MCUとの合流はあるのか?

 

このダークフェニックの異次元の強さは、キャプテン・マーベルとのガチンコ対決が観られると期待していたが、そういう感じにはならなかった。

 

しかし、絶対にないとは、言い切れないので、密かな楽しみにしておこう。

 

X-MENシリーズへの感謝。

 

そんなこんなで、終わってしまったX-MENシリーズ。

 

これまでMCUよりも長い歴史を持ち、いい時も悪い時あり、よくぞここまで続けてくれた。

 

ありがとう。

 

20世紀フォックスX-MEN、大好きだ〜!!!

 

narcos.hatenablog.com

 

ちなみに、個人的なX-MENシリーズのランキングはこちら↓

 

1位 フューチャー&パスト、

    フューチャー&パスト ローグ・エディション

2位  LOGAN/ローガン

3位 ファースト・ジェネレーション

4位 デッドプール

5位  X-MEN

 

X-MENシリーズの順番の要、ローグ・エディション!

 

X-MENシリーズを「より楽しむために」鍵をにぎるのは、「フューチャー&パスト」と「ローグ」。

 

まとめ

 

・2020年8月28日ニュー・ミュータンツが全米公開予定

X-MENシリーズの基本

X-MENシリーズをわかりやすく総括・解説!

X-MEN(2000年)

X-MEN2(2003年)

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年)

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年)

X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011年)

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年)

X-MEN: フューチャー&パスト(2014年)

X-MEN: フューチャー&パスト ローグ・エディション(2014年)

X-MEN: アポカリプス(2016年)

LOGAN/ローガン(2017年)

デッドプール(2016年)

デッドプール2(2018年)

X-MEN: ダーク・フェニックス(2019年)

・シリーズ総括・感想・考察

 

X-MENシリーズ、おすすめの鑑賞する順番。

 

まずは、旧3部作からアポカリプスまで順番に観る。(フーチャー&パストは劇場公開版)

 

ここまできたら、時系列を整理し、 理解を深めるため、ファースト・ジェネレーションに1回もどる。

 

そして、フューチャー&パストを ローグ・エディションで観る。

 

※ここが最大のポイント!!

 
Anna Paquin, Patrick Stewart, Hugh Jackman, Michael Fassbender, and Jennifer Lawrence in X-Men: Days of Future Past (2014)

→アポカリプス

→LOGAN/ローガン

デッドプール1・2

→ダーク・フェニックス

 

この順番での鑑賞こそ、ローグ・エディションの真価が問われるでは!!

 

ほかのアメコミ作品のレビュー、最新情報はFilmarks(フィルマークス)で更新中↓

filmarks.com