ナルコスの登場人物とゆかいな仲間たち

~サブスク全盛期ならではの快適な鑑賞方法を配信中~ナルコスシリーズ/Netflixオリジナル映画/ディズニー ヴィランズ/スターウォーズシリーズ ・クローンウォーズ・反乱者たち・マンダロリアン/MCU・X−MEN・DCEU/ホラー/日本映画・韓国映画・中国映画/and more!

映画【悪の法則】 残酷な殺人器具 ボリートについての考察

ボリートと言えばアレ!

ダリオ・アルジェント監督の作品の1つに、「トラウマ」(1993年)という映画がある。この映画では、ボリートに似た首切断・殺人マシンが登場し、首切り祭りが開催される。「悪の法則」の作中に登場する印象的な殺人器具ボリートは、どのような意味があって使用されたのか、考察してみる。

 

目次

【悪の法則】 作品概要

Brad Pitt, Cameron Diaz, Javier Bardem, Penélope Cruz, and Michael Fassbender in The Counselor (2013)

画像の引用元:IMDb公式サイトより(以下同様)

 

原題 The Counselor

製作 2013年

製作国 アメリ

 

スタッフ

監督 リドリー・スコット

脚本 コーマック・マッカーシー

 

キャスト

マイケル・ファスベンダー

ブラッド・ピット

ペネロペ・クルス

キャメロン・ディアス

ハビエル・バルデム

・ディーン・ノリス

ジョン・レグイザモ

・ナタリー・ドーマー

・ロージー・ペレス

ゴラン・ヴィシュニック

ブルーノ・ガンツ

 

【悪の法則】 あらすじ・ネタバレなし

 

弁護士をしているカウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、美しい婚約者のローラ(ペネロペ・クルス)を深く愛し、結婚を考えていた。


ローラにプロポーズをするため、出張先のアムステルダムで婚約指輪を探すカウンセラー。

 

彼女に素晴らしいリングをあげたいと考え過ぎた結果、予算が大幅にオーバーするダイヤを購入してしまい、経済的に困窮してしまった。


しかし、カウンセラーが赤字を埋め合わせるために選んだものは、本業の弁護士で地道に稼ぐことではなかった。


彼は手っ取り早く大金を手に入れるため、友人のつてでメキシコの麻薬カルテル接触し、625キロの麻薬をシカゴまで運ぶための計画に一度だけ出資することにする。

 

その報酬は2000万ドル(約22億円)という大金だった。

 

たった一度だけ参加し、すぐに足を洗えばいい。

 

弁護士として自分の頭脳に絶大的な自信を持つカウンセラーはそうもくろんでいた。


彼は友人ライナー( ハビエル・バルデム)から麻薬カルテルとの仲介人ウェストリー(ブラッド・ピット)を紹介される。

 

ライナーの愛人マルキナキャメロン・ディアス)が登場するなど出演者達は超豪華。

 

【悪の法則】 キャラクター紹介

 

マイケル・ファスベンダー

 

 

マイケル・ファスベンダーの代表的出演作 

 

イングロリアス・バスターズ、エイリアン: コヴェナント等の印象も記憶に新しいが、リブート版X-MENをプッシュしたい。

 

エリック/ マグニートー役をチェック↓

narcos.hatenablog.com

 

ペネロペ・クルス
ハビエル・バルデム
 
ブラッド・ピット
キャメロン・ディアス
 

 

【悪の法則】 解説・考察 

 

殺人装置として使用されているボリートは、作中のメキシコの麻薬カルテルが、使用している殺人装置の名称。

 

スイッチを入れるとモーターが作動して、自動的に人間の首に巻き付き、最終的には1分でけいどう脈を、切断してしまう恐ろしい装置。

 

ボリートは、最初は悪に手を染めるカウンセラーに警告の象徴として話の中に登場する。

 

自分なら悪事を一度犯しても、上手く切り抜けられる。

 

そんなように、うぬぼれているカウンセラーには、ボリートの恐ろしさは、まったく伝わっていない。


その後も登場するボリートは、安易な気持ちで悪事に手を出す人物に、「悪の法則」が発動した暗示として、印象的な使われ方をしている。

 

尚、実在はせず、架空の道具のよう。

 

ダリオ・アルジェント監督「トラウマ」(1993年)のボリートはこちらをチェック↓

narcos.hatenablog.com

 

まとめ

【悪の法則】 作品概要

【悪の法則】 あらすじ・ネタバレなし

【悪の法則】 キャラクター紹介

【悪の法則】 解説・考察

 

最新情報はFilmarks(フィルマークス)で更新中↓

filmarks.com